2017年2月15日水曜日

風雪に耐える

ソーラー野ざらしです。風雪に耐えて、毎日発電しています。
日照計などのセンサーも同じく野ざらしになっています。防水加工になっているので、問題はないのですが、センサーやカメラはホコリなどがつくと正常に働かなくなります。カメラは画像を見ればわかりますが、センサーとなると校正とか精度がはっきりしないので、正確なのかどうかわかりません。
今回気が付いたのは、同じものが2台あるので、比較しておかしいというのがわかりました。これは、パワコンにも同じことが言えます。センサー部を清掃したら同じような値を示すようになりました。めでたし、めでたしですが、ここでおしまいと思った人は甘いです。
センサーが汚れることで、実際よりも照度が低く出てしまうということは、パネルも汚れているということです。パネルの清掃も考慮しないといけないことになります。清掃しても汚れるので、モチベーション下がりっぱなし。腰も重い。気がつかなかった方が幸せだったかもです。