2017年2月22日水曜日

ふるさと納税 再エネ電気が返戻品に

総務省はふるさと納税が過熱していると批判しますが、知恵を絞り切磋琢磨しているのを手を縛り足を引っ張ることで存在感をアピールしているのでしょうか?何かと話題のふるさと納税ですが、嫌気がさしたのか所沢市は撤退を決めました。その一方で、ソーラーが発電した電気を返礼品にするところが出てきました。群馬県の中之条町で、町営とも言えるソーラーの余剰電力を返礼品にします。
条件は15万円以上の寄付に対して、2500KWhの電気となっています。東電管内在住で、付加金などは対象外となっています。お得度で言えば、5万円くらいに相当するのではないかと思います。返礼率は33%といったところです。もっとも、再エネの売電価格は、40円とすれば10万円になるので返礼率は66%になります。ちょっと贅沢な電気を使ってみるのもいいのではないでしょうか?

http://www.asahi.com/articles/ASK2M3VD1K2MUHNB001.html