2017年4月26日水曜日

本音と建前

本音と建前があります。これをうまく使いこなさないと顰蹙を買います。今回、復興大臣の発言が騒動を起こしています。震災が自分のところではなく良かったというのは本音ですが、それを大っぴらに言えば問題になります。
以前、石原大臣がクレームをつけてくるのは金が目当てだという発言をして問題になりました。こういう問題は、それが本質を突いているほど、騒ぎが大きくなると思います。
ソーラー設置したのが、環境のためという建前を言うぶんには問題になりませんが、みんなが知っている儲けるということだと反発を買ってしまいます。同じことをしていても、無用に反発を買うのは得策ではないと思います。口は災いの元だと感じた出来事でした。