2017年5月13日土曜日

ソーラーワールドが破綻

ドイツのパネルメーカーのソーラーワールドが破綻しました。ドイツのQセルズもすでに破綻しています。日本の企業は破綻まではいってないですが、厳しいところが多いです。
高品質であっても高価格では生き残れないことを示しています。京セラが高級化というか高付加路線で行く方針ですが、うまく行くのでしょうか?国内にあっても、FIT法改正により認定失効が多数でています。これも需要減要因となります。
そもそもパネルというものは参入ハードルが低いので、技術的なアドバンテージ云々というのは関係ないです。発電した電気は中国製と同じ価格ですので、高いパネルを使う必要性がないという消費行動がはっきりしています。
中国製に対する偏見や抵抗がなくなっているのだと思います。なので、中国製パネルであっても堂々としていればいいと思います。国産とかドイツ製と自慢する人がいたら、投資センスを疑いたくなります。