2017年5月27日土曜日

ドルコスト平均法

投資をする方法として、ドルコスト平均法という方法があります。定期定額で投資を進めると高値づかみをするリスクを減らすことができるというものです。
今、スマートメーターの交換工事をしていますが、1回で全てではなく少しずつ進めています。晴れている日に全てを交換すると発電機会ロスが多くなります。何日かにかけてやれば、曇りの日に当たる可能性があります。ここ2、3日の天気は悪いのでそういう時に工事になったのもドルコスト平均法だと思います。
投資にしても一気果敢にやると、うまくいかなかった時はダメージも大きくなります。その一方で、戦力の逐次投入はダメというのも歴史が証明しています。
これらは相反しますが、結果良ければ全て良し、勝てば官軍ということになります。どちらがいいのか結論が出ないです。どちらにしても、私失敗しないのでということでありたいです。