2017年5月5日金曜日

京セラの決算発表

他社においても、太陽光事業は息も絶え絶え状態。その中で、京セラは収支市均衡状態に持ってこれたようです。今期は黒字化が見えてきたとのことです。売上の伸びではなく利益率重視で、高級路線化で勝負するとのことです。
確かに京セラ製のパネルといえば、ブランド品になると思います。私のところの名も知らないようは中国製のパネルとは大違いです。将来発電所売却時にも有利に働くと思います。
このブランド力が、今色々と世の中を騒がせているのれん代ということになります。京セラに憧れるものの、全ての人がそれを選ばないというか選べないというのが実情です。