2017年2月28日火曜日

資源エネルギー庁からのお知らせ

資源エネルギー庁からメールとかハガキでお知らせが来たと思います。内容見て不安になっている方も多いのではないかと思います。結論から言うと、すでに発電を開始していれば認定は失効しないのでパニックになる必要はないです。Q&AのQ4に出ています。
page2image1312Q4.運転開始済みの場合でも、平成29年3月31日時点で失効することがあるのか?
page2image2184
平成29年3月31日時点で運転(売電)開始していれば、接続契約が締結されています ので、認定は失効しません。ただし、平成29年9月30日までに事業計画を提出していた だく必要があります。
ただ、設備認定が事業認定に変わりますので、事業計画の提出が必要としています。詳細は3月中旬に掲載するとしています。何かと面倒くさそうです。
インターネット上で、必要事項を入力して提出することとしています。詳細については、 3月中旬頃に「なっとく!再生可能エネルギー」に掲載しますので、そちらをご覧ください。 なお、インターネット環境にない方は、紙様式に必要事項を記載して、送付していただく
ことになります。詳細については、3月中旬頃にコールセンターにお問合せください。 
買取契約締結先、買取価格、太陽電池の合計出力、関係法令遵守などの遵守事項への同意、 (運転開始前の場合は)接続契約の締結を証する書類を提出していただきます。 

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/dl/faq/faq_hagaki.pdf

2017年2月27日月曜日

春一番 その後

春一番の大風と大雨がありました。その影響で、枯葉が排水溝に全員集合状態でした。
それ以外に、防草シートの捲れがありました。ピンが少しずつ浮いていきます。安いシートは、裾がほつれてきています。高いものは、ほつれがないです。やはり初期でケチると後でしっぺ返しを食らいます。
粛々とシートの補修を行いました。夏だったら大汗です。こういった作業はなるべく前倒しして対応をしたいです。

2017年2月26日日曜日

中部電力から注意喚起

中部電力から火力発電所に問題が生じたので、影響があるかもしれないという連絡がありました。停電になったかもしれないということです。ちょうどその頃のモニタの状態ですが、空白になっています。空白の1時間です。時々電波状態による空白もあります。
モニタがないと、止まったまま気がつかないということにもなりかねません。復旧したかどうかもわかりません。ソーラーは暇すぎてなんていう人もいますが、こういう緊張感が弛緩した気持ちをシャキッとさせます。


2017年2月24日金曜日

プリウスPHV発売

エコカーの本命プリウスPHV発売されました。ルーフには180Wのソーラーパネルが搭載されています。量産車では世界初とのことです。ちなみにプリウスとは先駆けという意味なので、ネーミング通りだと思います。パネルといっても、フレキシブルタイプのものだと思います。おそらく京セラ製でオプション料金275000円。お値段は330万円ということですが、いかがでしょうか?
トヨタは燃料電池車ミライも出ていますが、期待されたほどのアドバンテージはありません。環境とかエコ、使い勝手ということだと、PHVが本命ではないかと感じます。
プリウスは1KWhで約10Km走るとされ、条件がよければ1日の充電で6Kmほど走ることができます。180Wパネルで発電するのはせいぜい1KWhくらいだと思いますが、発電効率や充電、放電のロスで、40%くらいは使われないようです。効率重視という目的ではないです。
そもそも180Wのパネルをつけたからといって、到底元を取ることはできません。話の種というか話題のためにあるようなものだと思います。FIT終了後の余剰電気を使って充電できるような、工夫がされていくのではと思います。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1702/17/news026.html

2017年2月23日木曜日

蓄電池併設で利回り向上

ピークカットで発電が抑制されていた電気を蓄電池を併設することで、無駄なく売れるという製品です。3月のPNEXPOにもお披露目になりそうです。注目商品です。
過積載率150%くらいでは、効果が少ないので、ダブルとかトリプルにしないと効果が得られにくいと思います。設備費がかかるので、過去の高額売電契約でないと厳しそうです。
ただ、事後過積載は禁止になりそうというのと、併設の場合は売電金額が切り下げられる可能性があります。家庭でも燃料電池併設だと切り下げられています。電池の場合、寿命があるのでそこがどうかということはあります。
こういった懸念はありますが、自らが限界を決めるのではなく、チャレンジするのは大切だと思います。太陽が昇り続ける限り、目標は達成できるということです。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1702/20/news010.

2017年2月22日水曜日

ふるさと納税 再エネ電気が返戻品に

総務省はふるさと納税が過熱していると批判しますが、知恵を絞り切磋琢磨しているのを手を縛り足を引っ張ることで存在感をアピールしているのでしょうか?何かと話題のふるさと納税ですが、嫌気がさしたのか所沢市は撤退を決めました。その一方で、ソーラーが発電した電気を返礼品にするところが出てきました。群馬県の中之条町で、町営とも言えるソーラーの余剰電力を返礼品にします。
条件は15万円以上の寄付に対して、2500KWhの電気となっています。東電管内在住で、付加金などは対象外となっています。お得度で言えば、5万円くらいに相当するのではないかと思います。返礼率は33%といったところです。もっとも、再エネの売電価格は、40円とすれば10万円になるので返礼率は66%になります。ちょっと贅沢な電気を使ってみるのもいいのではないでしょうか?

http://www.asahi.com/articles/ASK2M3VD1K2MUHNB001.html

2017年2月21日火曜日

発電していない

発電状況を運転監視していますが、発電していないストリングがありました。
ここは木や建物、電柱の陰になるのでグラフも歪になっています。こういうのは、トラブルが発生していてもわかりにくいです。
パワコン単位とストリング単位発電監視ができるようになっています。パワコン単体だと出力が少ないなということでわかりにくくなります。当社は、ストリング単位で監視なので、トラブルの把握もしやすくなります。どの系統でトラブルが起きたのかも把握しやすくなります。
過去に、配線が外れていたというトラブルを経験しています。今回も同様で、復旧させました。2度目なので、施工に問題があった可能性があります。施工から2年以上経っていると、保証対象外かもしれません。こういうことを期待せず、自力で対応をします。
保険ですが配線がショートしただけではダメで、燃え移るなどしないとおりないとのことでした。規模が大きな損害出ないとカバーできないようになっています。掛け捨ての虚しさを感じます。