2017年6月16日金曜日

ソーラーの夜間発電

ソーラーは昼間に発電するものですが、昼間は蓄電池に貯めて、夜間に発電するという発電所が九州にあります。
なんでこんな無駄なことをするのだろうかと思いましたが、昼間は回線に余裕がなく、増強工事をすると何十億もの負担が発生するということで、なんとか儲けが出るようなスキームとして蓄電池を使った方法になったとのことです。蓄電池に関しては補助金が出ています。
もちろん電力の承認が必要です。スマートメーターだと、電気の流れは把握されますので、こっそりやってもわかってしまいます。今後は蓄電池併設ということになっていく予感はしますが、電力側が承認するのでしょうか?