2016年12月29日木曜日

日の出、日の入り時

朝夕などの日射が弱い時をみると、境界値を超えたり下わまることで、オンになったりオフになったりします。その度に、こういう現象は、異常でもなんでもないのですが、アラームとして発報するとパワコンの台数分が対象になるので、大変なことになってしまいます。
かといって、DC電流とかDC電圧低下をスクリーニングから外していると、本当のトラブル時に把握できなくなってしまいます。
精度を上げることで、不要なデータまで取り込むことでノイズとして織り込み、その結果余分な出費を負担することになります。この辺は、改善の余地があるので監視装置のメーカー次第だと思います。
オーナーとしては、機会損失がなければいいので、そこが落とし所になるのではと思います。どの辺がいいのでしょうか?