2014年3月16日日曜日

ソーラーシェアリングの実施件数

経産省の発表では4件だったが、現在許可を得たものは全国で69件に達したようだ。こちらは一時転用であるが、農地の場合は永久転用の方が圧倒的に多いのが実情である。件数的には4000件に達すると思われるので50倍から60倍になるのではないか?
規模的には、ソーラーシェアリングが比較的小規模なのに対して永久転用は2000m2超えが平均的になっている。
安くて、手っ取り早くて、より多くのパネルを設置するのであれば、ソーラーシェアリングはハードルが高いということになります。売電金額が下がっていく中で、事業性が厳しいということから、政治的に何かないと余り広がらないのではないかと思います。