2016年1月20日水曜日

大雪予報

今年は暖冬でしたが、ここにきて本来の冬らしい寒さになりました。寒くなれば暖房で電気の消費量が増えます。大雪で、ソーラーが発電しないということも多少は影響があるかもしれません。
電気は、使いきれない分は捨てるしかないので、最低限しか発電しないようにしています。突発的なことが起こると、スポット市場も荒れ気味になります。天候以外に、発電所が故障したということも、市場波乱要因となります。
天気予報では雪とのことです。当地は、大雪が予想されるような場所ではないですが、それでもうっすらと積もっています。角度は10度なので、積もれば落雪しないので発電しなくなります。
どうなっているのか状況を確認したいなあと思っていましたが、カメラをつけたことによって、概況はわかるようになりました。温度計なども設置しているので、雪が早く溶けそうなのかとか予想ができるようになりました。発電モニタと組み合わせることで、より正確に把握できるようになりました。こういった機器を設置することで、だんだん横着になりつつあります。