2016年1月31日日曜日

日銀のマイナス金利導入

日銀がマイナス金利を導入したことで、株や為替が乱高下しています。いまいちよくわからないシステムです。
マイナス金利とは、銀行に預金すると利子を反対に払わないといけなくなるというもので、そうなれば、預金せずに融資に回した方がいいということになるので、金が出回り使われることで景気が良くなるということらしいです。
しかし、実際には一部に限られるので、このようなことになるかは疑問です。ヨーロッパで導入されていますが、効果はよくわかっていません。このことで、ソーラーなどの金利が下がればありがたいのですが。
江戸時代はマイナス金利でした。お金を預けると逆に金利5%くらいを払う必要がありました。当時は、火事や盗難などのリスクがあったためです。江戸っ子は宵越しの金を持たなかったと言われますが、案外マイナス金利の影響かもしれません。